《続き》湘南DP2021第一回目の打ち合わせを行って来ました。

2021年2月25日に、湘南ドリームプロジェクト共同代表の塩坂信康と永井貴之で、聖園子どもの家さまにお伺いし、施設長の野際さま、主任の杉原さま、事務の伊藤さまと第一回目の「湘南ドリームプロジェクト2021」の打ち合わせを、お互いの顔合わせを兼ねて行って参りました。

前回のレポートに引き続き、当日お話させて頂いた内容をお伝えしたいと思います。

施設長の野際さまからは、『実は2020年は、1年に1度のビッグイベントの夏休みのお泊まりキャンプが、コロナの影響で中止になってしまい、子供達がとても残念がっていたんです・・・。』というお話もあり、「2021年は、去年の分も取り返すくらいの最高に楽しい一日をご提供しよう!」と思いました!

児童養護施設は、管轄する自治体によって、行政支援の幅が全く異なるという事も、今回、複数の児童養護施設さまのお話を伺った中で、私達も知る事ができたのですが、聖園子どもの家さんでは、年に一度のキャンプを、子供達は最も楽しみにしているとの事でした。

私達ができる最初の一歩は、小さな一歩かもしれませんが、この一歩が、子供達の未来に繋がる、大きな一歩になれるよう、まずは、最初のプロジェクトに、全力で取り組んで行こうと思います。

皆様からのご支援、どうぞよろしくお願い致します。

湘南ドリームプロジェクト
「子ども達」の希望と「大人達」の挑戦。

PAGE TOP